行政書士 神奈川県 平塚市 ビザ(在留資格) 申請取次 定款作成認証(会社団体設立) 宅建業免許 建設業免許 農地転用 遺言・相続

自己紹介

皆さんはこんにちは

 

 皆さんこんにちは、行政書士の鈴木裕一です。私は行政書士鈴木裕一事務所を開設いたしました。まず、私の自己紹介させていただきます。

 


プロフィール

 私はシステムエンジニア(SE)として、約30年にわたり市区町村の住民情報システムの構築と運用に携わってきました。私がSEになった頃は、現在のようにパソコンが普及する前で大型の汎用コンピュータを使っている時代でした。手作業中心だった窓口業務の合理化のため、住民票や証明書の発行のコンピュータ化が普及し、大量の税金の計算と納税通知書発行などにコンピュータを利用していた時代でした。私はそのような時代にSEになり、市区町村の事務内容を分析するため、実際の行政事務内容や根拠法令の知識を身に着けていく必要がありました。そのような経験から、行政実務と法律に対する関心を持つようになり、法律に関連する資格を取得しようと考え、平成25年度の行政書士試験を受験して合格しました、平成27年(2015年)に会社を退職後、平成29年(2017年)に行政書士登録しました。約1年の行政書士事務所での勤務を経て、平成30年(2018年)1月の行政書士鈴木裕一事務所を開設しました。

私の身上

 私は子供の頃から、人の役に立つことに喜びを感じることが多くありました。SEとして住民情報システムを担当していた時も、人々の生活を支えていることを励みにしてきました。行政書士となり各種許認可申請のお手伝いや、会社法人の設立手続き、事実や権利に関する書類の作成を通して、皆さんの目標の実現をお手伝いできることは、私にとってこの上ない喜びです。申請手続きや定められた書式のなかで、皆さんの抱えている事情を、審査する人や相手方に的確に伝えて理解を得られるようにまとめるのが、この仕事の役割なのだと思っています。

 

 開業間もない事務所ですが、皆さんどうかよろしくお願いします。

私の経歴

昭和35年  秋田県に生まれる (現在57歳(平成30年1月時点))
(1960年)
昭和54年  神奈川県立鶴見高等学校卒業
(1979年) 
昭和59年  専修大学経営学部情報管理学科卒業
(1984年) 
  同 年  株式会社日本ビジネスコンサルタント入社
        (現 株式会社日立システムズ)
        ・システムエンジニアとして、一貫して自治体の
         住民情報システムを担当する。
        ・税務を中心に住民記録・国保・年金・農業
         情報・会計など幅広く経験、特に固定資産税業務は
         エキスパートとして多数の案件を経験。
        ・仕事を通じて、行政手続きの実務や法令の知識に関心をもつ。
平成26年  平成25年度行政書士試験合格
(2014年)

平成27年  株式会社日立システムズ退職
(2015年)
平成29年  行政書士登録(個人事務所にて勤務)
(2017年)
平成30年  行政書士鈴木裕一事務所開設
(2018年)

 

<取得済資格>
 入国管理局申請取次届出済証明書

 

<所属団体>
一般社団法人日本相続学会

 

<一般資格>
 第1種情報処理技術者
 マイクロソフト認定技術者


ホーム RSS購読 サイトマップ
在留資格(ビザ)申請 各種許認可業務 こんなときどうする 事務所概要 お問い合わせ 個人情報保護方針