行政書士 神奈川県 平塚市 ビザ(在留資格) 申請取次 定款作成認証(会社団体設立) 宅建業免許 建設業免許 農地転用 遺言・相続

行政書士とは

行政書士の仕事とは

 行政書士は何ができるのかよくわからないと思っていらっしゃる方も多いと思います。身近で思い浮かぶのは車庫証明の取得と内容証明郵便の作成などでしょうか。行政書士の全国団体である日本行政書士連合会のホームページによると、つぎのように説明されています。

 

他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成、行政不服申立て手続代理等を行う。

 

この説明を分解していきます。

(1) 官公署に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理

 ここには、つぎのようなものが含まれています。

 

@ 建設業の許可
A 宅地建物取引業免許の許可
B 産業廃棄物処理業の許可
C 古物商の許可
D 旅客自動車運送事業と貨物自動車運送事業及びタクシー営業の許可
E 農地の譲渡及び転用の許可
F ドローンの飛行許可の取得
G 外国人の在留資格(ビザ)の認定・変更・更新の許可
(日行連の分類はその他扱い)

など

 

(2) 権利義務、事実証明及び契約書の作成

@ 遺言書作成の支援(自筆証書遺言の相談・公正証書遺言の証人・秘密証書遺言の作成)
A 遺産分割協議書の作成
B 契約書・覚書などの作成
C 企業団体の定款の作成(公証役場での電子認証なども行います。)
D 企業団体のセキュリティポリシー(個人情報保護方針)の作成
E 内容証明郵便の書面作成
F 株主総会・社員総会・取締役会等の議事録の作成
G 会計帳簿の記帳

など

(3)その他

@  成年後見人
A  ADR(裁判外紛争解決手続)
B  行政庁に対する不服申し立て手続き(特定行政書士のみ)

など

行政書士は、これらの許認可と書類作成などを行い、手続きに必要な相談と調査及び書類の作成、そして、申請手続きを業務として行っています。例として代表的なものをあげましたが、行政書士が行える業務は許認可だけでも9000種類を超えると言われています。

 

 

まず、入り口は困りごとの相談からです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
在留資格(ビザ)申請 各種許認可業務 こんなときどうする 事務所概要 お問い合わせ 個人情報保護方針